小川村について

お出かけ・観光

  • 星と緑のロマントピア

    標高 1,000mの大洞高原の一画にあるレジャー&カルチャーエリア。60cmの反射望遠鏡をもつ小川天文台は星空観察の拠点。星と緑のロマン館はアルプスの眺望抜群の宿泊施設です。

  • 星と緑のロマン館

    高原にはこの他、農産物直売&食堂&おやき・そばの大洞地場産センターなどがあり、草木染工房では作品の展示とあわせて草木染め教室も拓いています。飯縄山頂へは約30分の登山。途中に東屋と展望台があり、山頂からはさらに虫倉山への大洞尾根コースがあります。
    <小川天文台>19:30〜21:00※要予約※冬季閉台:12月末〜3月中旬
    問い合わせ先 TEL : 026-269-3789(ロマン館)

  • 明松寺/馬事公苑

    馬事公苑では、全日本チームや大学の馬術部がトレーニングに訪れ馬術の練習風景が見られます。明松寺の和尚さんが公苑長。オリンピック選手を輩出。
    TEL : 026-269-2088

  • 村有形文化財 旧長野県知事公舎
    小川村郷土歴史館(愛称:ふるさとらんど小川)

    長野市から移築復元した長野県知事公舎で、小川村出身の偉人西澤権一郎氏の業績や遺品を紹介。併設のふるさとギャラリーでは、村内で発掘された縄文土器などを展示。喫茶コーナーもあり、ジュレソフト(夏季)が人気。
    住所:小川村高府 9307
    電話:026-269-3146(小川村教育委員会)

  • 式部八幡宮

    日本武尊(ヤマトタケル)と誉田別尊(ホムタワケノミコト)を祭神とした県社。春秋の例大祭は街道随一として有名。秋祭り前夜祭は引き灯籠巡行、神楽・煙火の奉納で賑わいます。

  • 小川の庄おやき村

    家庭料理「おやき」が新しい村づくりのきっかけとなった。おやきを商品化し、世の中に広 く知られるようになる。おやき村では、食事をはじめ、体験も可能。高台にあり景色も最高。
    住所:小川村高府 6937
    電話:026-269-3767

  • 小川村さわやかふれあいスポーツセンター(愛称:びっくらんど小川)

    インドアでバレー、バスケット、テニス。そして温水プール、多目的体育館、トレーニングルームを兼ね備えたスポーツスペース。1年中楽しむことができる。温水プールは赤ちゃ んからお年寄りまでマイペースで使用可能。
    住所:小川村高府 9447
    電話:026-269-1011

  • 法蔵寺(ねこ寺)

    日本昔話でも有名な「猫檀家伝説」ゆかりの寺。猫が着たという袈裟が残されており、猫塚も祀られています。
    TEL : 026-269-2821

  • 戸隠神社信仰遺跡群

    奥院、中院、宝光院、筏ケ峰三院跡。1564年から30年余、戸隠一山が戦火を逃れて移り住んだ。慰霊碑戸隠万人塚は、戸隠開山400年を記念し昭和47年に建立されました。

  • 薬師洞窟

    虫倉登山道薬師尾根コースの途中にある天然の洞窟で、江戸時代に木食上人 山居(もくじきしょうにん さんきょ)が万体仏を掘った修行の地。洞窟奥に祀られた薬師如来像は災害・眼病にご利益があると云われています。登山道はこの先、危険な岩場となりますが、抜群の景色です。

  • 番所の桜

    立屋口留め番所跡の近くにあり、「立屋の桜」の実生の台木に接木された桜を育て移植。色濃いベニシダレザクラとして成長し、美しい花を咲かせます。樹齢約60年。

  • 長野県宝 高山寺三重塔(こうざんじさんじゅうのとう)

    長野県にある12の塔のうち最古。 源頼朝公が祖師先徳・現世利益・鎮護国家を祈念建立した由緒ある塔。高さは17.1m。鐘楼には現住職が描 いた天井画がある。晴れた日は相輪の向こう側に北アルプスの山々が見える。信濃三十三観音札所巡り三十三番目の札留所。
    住所:小川村高府 9307
    電話:026-269-3146(小川村教育委員会)

  • 立屋口留番所跡

    善光寺、大町峯街道の「人改め」「物資改め」を行った松代藩の番所。番所役人だった家には藩主より賜った「番所の三道具」が伝わります。春には辺り一面に見事な桜が咲き誇ります。

  • お流れ桜

    地すべりで流され、現在地に根付いたと云われます。目通り4mの幹は中心が朽ちて露出し、樹皮にはたくさんのノキシノブ(シダ)・・・まさに風雪の老木。

  • 小根山小川神社

    延喜式内社。申・寅年に行われる御柱祭は北信濃随一の賑やかさ。里曳きは諏訪大社とほぼ同じ方式で行われ、里曳き行列は800mにもなります。秋祭り前夜祭には3台の曳き舞台や多くの神楽・煙火で賑わいます。

  • 薬師沢石張水路工(国登録有形文化財)

    昔から地すべり地帯であった稲丘東地区に地滑り防止のため、明治19年〜昭和29年までの砂防工事で、直径30cm〜1mの石を人力で積み上げた石張りの水路が築かれています。総延長は221m。現在も地元の手入れが行き届き、砂防施設として機能しています。水路岸には約1.3kmにわたり散策道が整備され、季節ごとに美しい姿を見せてくれます。

  • 村天然記念物 立屋(たてや)の桜

    樹高15m 、樹齢350年のエドヒガンザクラ。桜まつりも行われる。
    住所:小川村立屋

  • 本州のへそ

    法地地区が本州の重心地点であるためこの地を「本州のへそ」と呼び、小川村の新たな名所となっています。全長21mの鐘が鳴る賽銭箱も魅力。自家用車等をご利用下さい。

  • アルプス展望広場

    長野県内の展望台の中でも大注目。南は野口五郎岳、北に白馬、乗鞍岳など北アルプスを一望できる。車椅子用トイレも完備。
    住所:小川村 稲丘7044

  • 道の駅「おがわ」、食事処「味菜」

    小川村の新鮮な農産物をはじめ、加工品、そして絶品おやきを販売。食事処「味菜」では、人気メニューのそばを中心とした食事が楽しめる。そばは、地元産のそばの実を少しずつ製粉して使っているので、いつ訪れても香り高い味わい。同じ敷地内に「さんさん市場」、「農の花」が並ぶ。
    住所:小川村高府1502-2 道の駅おがわ
    電話:026-269-3262

  • 村有形文化財 西照寺観音堂(さいしょうじかんのんどう)

    平成18年に村指定の有形文化財となる。観音堂には、室町時代の木造金箔押しの聖観音像をはじめ、木造13仏などが安置されている。古くから災害に見舞われてきたが、都度地域の人たちの力で掘り起こされ再建。信濃三十三観音札所巡り三十二番目の札留所。
    住所:小川村稲丘 4031-1
    電話:026-269-3146(小川村教育委員会)

  • 大洞高原(おおどうこうげん)
    小川村郷土歴史館(愛称:ふるさとらんど小川)

    標高 900m。星と緑のロマン館、天文台等の施設がある高原。
    住所:小川村稲丘大洞高原

  • 林りん館

食事

  • 食堂大和

  • こくや食堂

子育て・医療

買い物

  • JAながの西山支所

  • スーパーマーケット

  • コンビニ

  • ホームセンター

交通

  • ガソリンスタンド

  • 自動車整備工場

  • バスティー高府 タクシー

働く

  • クラインガルテン

  • 自給自足学園

公共機関等

  • 小川村役場

  • 郵便局